CloudflareのDNSサービス「1.1.1.1」でネットを超高速化!

自宅でインターネットを使っている人は「○○光」のようなネットサービスを利用していると思います。
我が家を例にするとBiglobe光です。
普段はそのネット回線を提供してくれているプロバイダのDNSサーバーが使用されているのですが、これを変更することによってネット速度の高速化を行うことができます。

スポンサーリンク

DNSの新しいサービスが2018年4月1日に誕生した

2018年4月1日に新しくCloudflareという会社から提供された「1.1.1.1」というDNSがスタートしました。
ネットの高速化
これが素晴らしく速いと口コミも多く、実際に家にも設定したら速度がアップしました。

インターネット回線の速度テスト
ダウンロードスピードはどのくらいですか? FAST.comはお客様のISPスピードを数秒で測定いたします。

こちらのサイトで速度を調べると、今までは170前後だったのが220前後にアップしました。
明らかに効果が出ていると言えます。

以前はGooglePublicDNSのサービス「8.8.8.8」を使用していたのですが、先日ふと調べたら新しいサービスがあり早速試す。
効果ありでした。

CloudflareのDNS「1.1.1.1」の特徴

これは、ログを保存しない極めてレベルの高いプライバシー保護と高速な応答速度が特徴のDNSサービスと言われております。

1.1.1.1は、IPアドレスを記録したりログを残したりせずに、システムを監査するKPMG社がその安全性をチェックしてるとのことです。

さらに応答速度が速いのも大きな特徴です。
これはDNSPerfというDNSの速度を公開しているサイトなのですが、1.1.1.1がGoogleの3倍近く速い結果になっています。
3倍です。ガンダムに例えると普通のザクとシャアザクですw

DNSの変更でネット速度がアップする

これはすごいですよね。設定しない理由がないんじゃないかなと思います。
といことで、早速設定してみましょう。

設定方法(Mac編)

まずは、システム設定→ネットワークを開きます。

システム設定を開きます

そしてメインで使っている回線の詳細を開きます。Wi-fiならその詳細設定。(緑になってるやつですね)

使用しているネット回線の詳細設定を開きます

そこでDNSサーバーの設定を開きます。
すでになにか入っていたら全て削除して以下のDNSサーバーの設定を行います。
(TCP/IPv6用)
「2606:4700:4700::1111」
「2606:4700:4700::1001」

(TCP/IPv4用)
「1.1.1.1」
「1.0.0.1」

DNSの項目を入力します

の4つを入れておきました。自宅ではIPv6で使ってますが、場所によってはIPv4もあると思うので、一応両方入れておきました。
あとは設定を適用させれば完了です。(適用されるまで数秒かかるので、素直に待ちます)

これで設定完了です。

まとめ:Cloudflareの「1.1.1.1」は速度があがる

必ず全ての人に当てはまるとは言えませんが、今まではGoogleのDNSが速い速いとずっと言われていた頃に比べ新しいものがどんどん登場しています。
DNSの変更は簡単なので、一度試してみるのも良いと思います。

ぜひ高速なネット生活をお楽しみくださいませ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で