家のネット速度を100%引き出すことに成功した|Biglobe光

Biglobe光の速度を最高に引き出せた

ついにBiglobe光のフルパワーを引き出すことができました。
Biglobe光の高速化に成功しました。高速化というか本来のスピードにできたといいますか。
特にサポートセンター等の連絡はしてません。

みやび
みやび

ネットが光なのに遅いのが非常にストレスだった。なんで夜は遅いのと・・

ポチ
ポチ

光なのに夜になると遅くなるのは嫌だよね・・・。

やり方を書いてみようと思います。

Biblobe光の最高速度を出すための対策

家のモデムは、RT-500KIという光モデムに無線LANの機械をつないでました。
RT-500KIにも無線LANのカードを指してたのですが、なぜか寝室まで電波が届かないので、もう1台つないでました。
つまり無線LANの親機が2台並んでいるという状態です。

2台並んでも特に影響はなかったので、何も気にしないで使ってました。

ただ、やっぱりBiglobeの速度が夜は遅く大きなファイルを扱うときなどは非常にストレス。
なんとかならんかと思ってもう1回調べ直しました。

そしたらあっさり解消・・・・。
こんな事で直るんかい!!!ってくらいあっさり速度出るようになりました。

無線の規格を確認する

RT-500KIの規格を確認するとIEEE802.11a/b/g/n/acです。
ac対応機器に繋げば勝手にacになると思ってました。

いや~ちゃんと調べないと駄目ですね。
最大速度を出すにはSSIDもちゃんと選ばなといけなかった・・・・

SSID SSID-1 SSID-2 SSID-3
暗号化方式 WPA2-PSK(AES) WPA2-PSK(AES) WPA2-PSK(AES)
MAC
アドレスフィルタリング
無効 有効 無効
無線規格 IEEE802.11
b/g/n互換
IEEE802.11
b/g/n互換
IEEE802.11
ac/n/a互換
帯域 2.4GHz 2.4GHz 5GHz

これです。これがすべての鍵を握っていました。
見てのとおりです。

最高速度を出せるacを使えるチャンネルはSSID3です。
今までは何も気にせず1で全部の機械を使ってました。

Mac、iPhone8、iPadAir、AppleTV

速攻でSSID3に変えました。

ちなみに5GHzと2.4GHzにもそれぞれメリットとデメリットがあります。

2.4GHzについて

<短所>
・色々な製品で使用されている無線帯域なので、混雑して不安定になりやすいです。

<長所>
・壁や床などの障害物に強く、電波が遠くまで届きやすい。
・各Wi-Fi端末が対応している。

5GHzについて

<短所>
・2.4GHzと比較して壁や床などの障害物に弱く、通信距離が長くなると電波が弱くなります。
・旧世代のWi-Fi端末の場合、5GHzに対応していない場合があります。

<長所>
・基本的にルーター以外で使用されない帯域なので、非常に繋がりやすく安定 しています。
・2.4GHzと比較して、より高速な通信が可能です。

5GHzに変えてみて

本当だったら2.4GHzのほうが寝室まで届きそうなイメージが有るのですが、なぜか届かないSSID1番。
そこで試しに5GHzのSSID3に変えてみたら寝室まで電波が届きました。

寝室まで電波を届かせるという目的のためだけにおいていた無線親機は用事がなくなりました。
こんなに違うのってくらいつながるようになりました。

繋がるだけじゃない。速度が倍に上がった

上にもリンク貼ってますが、以前は速度が大体70Mbpsでした。

それを全部設定見直して、再測定したら・・・・・

夜でも170Mbps出るようになりました。昼間も同じくらい。
つまり時間帯に左右されず安定した速度が出るようになったのです。

コレは嬉しい。
やっと大型のファイルを落としてもストレスにならなくなります。

さらにiPadに入れているアマゾンプライムビデオなども読み込みが早くなった。
若い安いくらい体感スピードが上がった。

acの5GHzすげ~って思いました。

ちゃんと設定を見直せばこんなに変わるんだなと思いましたね。

Biglobe光の設定に悩んでいる方はぜひSSID3を使ってみてください。
それだけで速度が爆速になるかもしれませんよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA