Search Consoleが新しく!wwwありなりやsslなどを一元管理するドメイン プロパティの機能が登場

新しいSearch Consoleのドメイン プロパティの画面

GoogleのSearch Consoleに新しくプロパティ機能が追加されましたね。
正確には「ドメイン プロパティ」。

今まではwwwのありなり、httpとhttpsと全部登録してたのが一元管理できるようになったようです。

ドメインプロパティでドメインをまとめて管理

旧サーチコンソールの場合は以下の4つをSearch Consoleに登録してました。

http://example.com/(www なし、http)
https://example.com/(www なし、https)
http://www.example.com/(www あり、http)
https://www.example.com/(www あり、https)

その中でメインのものに合わせて運用するというやり方でしたね。
なので、Search Consoleは結構複数のアドレスで溢れてしまいます。

新Search Consoleのドメインプロパティなら1回の登録で終わり

ドメインプロパティの機能を使うと以下の画面が表示されます。
新しいSearch Consoleのドメイン プロパティの画面
そこで、Newと書かれているドメインの項目に登録すると全てのサブドメインに対応してくれるようです。

ドメインプロパティではDNSの確認作業が必要

ドメインプロパティの構成にはDNSによる確認作業が発生します。
従来の設定(URLプレフィックス)の場合は、いつもどおりのHTMLファイルアップ等で良いみたいです。

DNSレコードで確認を行う場合は、指定されたTXTレコードを追加しなければいけません。
初めて独自ドメインでブログやサイトを運営した人にはちょっとないんど高いかもしれません。

Search ConsoleからHTML落として、FTPでサッと上げるほうが楽といえば楽です。
TXTレコードって何?という人もいると思うので。

自分の環境も整理してみようと思うので、キャプチャ取りながらレポしてみようと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA