中古ドメインを使う理由とメリット・デメリットを正しく理解しよう

先日の日記に書きましたが、iTrustのサイトは中古ドメインを使っています。
サイトの改修記事の合間に中古ドメインについて、使うことによるメリット・デメリットを少し書いてみようと思います。

中古ドメインとは?

文字通り、以前に誰かが使用して使われなくなったドメインのことを中古ドメインといいます。
中古ドメインの販売サイトなども結構ありますよね。

オークションなどもお名前.comで見かけたりします。
ヤフオクでも売ってたりしますね。

中古ドメインを買うには?

方法は2つあります。
販売サイトで買うか、自分で中古ドメインを探してそのアカウントを取るか。
今回は両方紹介してみようと思います。

中古ドメインの販売サイトで購入する

「中古ドメイン 販売」などのキーワードで検索すると、販売サイトが出てきます。

 ・中古ドメイン販売屋さん
 ・アクセス中古ドメイン

このあたりが有名なのかな?と思います。
販売サイトで購入すると、ドメインごとに値段が設定されてます。
数千円~数万円。中にはもっと高いドメインもあります。

値段が高いドメインはそれだけ良い運用で使われていたドメインなので、
最初から良い被リンク対策が行われておりSEOや検索上位、サーチコンソールのインデックス反映の時間短縮などの効果が見込めます。

販売サイトから買うことになるので、新規取得するよりは出費が大きいですよね。
メリットとしてはスパムチェックなどを行ってくれているので、購入後のトラブルが少ないということでしょうか。

自分で中古ドメインを探す

もう1つは販売サイトを通さず、自分で中古ドメインを探すという方法です。
どうやって??と思いますよね。

自分が行った方法は、まず下記のサイトで会員登録をします。

Expired Domains.net
expireddomainsで中古ドメインを探します
このサイトはすでに使われなくなったドメインを大量に紹介しています。
この中で自分のほしいドメインがあったら、それをお名前.comなどで買えばよいのです。

おすすめのドメインは.comです。
.netや.infoなどはコピーサイト(よくアップルとかブランドにありそうな複製サイト)に使われる率が高いので、
安心安全なリユースドメインをゲットするには.comが良いのかなと思います。
悪質な被リンクがついている可能性が.comよりは高い可能性があるということです。
ただし、.comだからといって必ずしも安全というわけではありません。

ということで、Deleted.comを開いてみます。
するととんでもない数のドメインが出てきますよね。
comのドメイン一覧を開きます
この中から、目的のドメインを探すのはけっこう大変です。
それに、どれが良いのかもわからないし。

良いドメインを絞り込むのに以下の抽出条件を設定します。
 ・no Adult Names(アダルトサイトで使っていたドメインを外す)
 ・only available Domains(利用可能なドメインのみ検索)
ただ、このサイトはリアルタイムではないので、only available Domainsのチェックを付けても購入できない場合もあります。
中古ドメインの抽出条件

中古ドメインの抽出条件
この2つのチェックで最低限のフィルターはかけれますが、
自分のおすすめはもう1つ。
Majesticの項目の設定です。

Majesticとは被リンク調査ツールです。
被リンク数や独自の指標であるTF(トラストフロー)、CF(サイテーションフロー)を分析することができます。

(TF)トラストフローって?

トラストフローとはリンクの質です。1~100までの数値で表され、数値が高いほど

高品質なサイトからリンクが貼られている

と読み取ることができます。
トラストフローの数値が高ければ高いほど信頼ある良いサイトからのリンクが多いと読み取れます。

(CF)サイテーションフローって?

サイテーションフローはサイトの影響力(リンクの数と考えても良いかも)です。
サイトに貼られているリンクの数が増えると数字が上がります。

よく機械やソフトを使って被リンク5000付けますとかサービスやってる人いますが、それで5000の被リンクが付けばサイテーションフローは上がります。
凄くシンプルに言うと、被リンクが増えるほどこの数値が上がります。

大事なのはTFとCFのバランス

例えばトラストフローが5、サイテーションフローが50。
これって良いサイトだと思いますか?

上の文章を読むとサイテーションフローが多いから被リンクは多い。
ただ、トラストフローが低いので、はられているほとんどんリンクがそれほど質が良くないということを示してます。

もう1つ例を出します。
トラストフローが20、サイテーションフローが5。さっきの逆です。

この場合は、はられているリンクは少ないけど良質なリンクが貼られているということを意味してます。
でも被リンクは少ないですね。

理想はバランスです。
リンクが多くついていて、それらの大半が良質なリンクというのが理想の形です。
つまりTFとCFの数が比較的近ければ良質なリンクがバランスよくあるということを意味しています。

ちょっと脱線しましたが、ドメイン検索に戻ります。

検索フィルターにトラストフローを20にしてみる

話が長くなりましたが、Expired Domains.netに戻ってMajesticのTFを20にしてみます。
マジェスティックの設定を20にしてみます

するとドメインが一気に絞れたと思います。100以下になったと思います。
ここからは微調整です。
トラストフローを25にしてみたり、トラストフローは20だけどサイテーションフローを10にしてみたり。
バランスを見ながらドメインを探します。
好きな中古ドメインを検索します

そして、良さげなドメインが見つかったらそのドメインが購入可能かどうか「お名前.com」で試してみましょう。
記載したようにリアルタイムではないので、購入できない場合もあります。

無事に購入できればラッキーですね。

ただし、買う前にメリットとデメリットを理解しておきましょう。

中古ドメインのメリットとデメリット

新品ではなく中古を買うわけですから、良いこともあれば悪いこともあります。
リサイクルショップで中古家電を買う場合、安く変えますけど当たりが悪いとすぐ壊れる可能性もありますよね。
それと一緒です。

最後に中古ドメインのメリット・デメリットを簡単にまとめてみようと思います。

中古ドメインのメリット

中古ドメインには大きなメリットがあります。

前の利用者のドメインパワーをそのまま引き継ぐことができる

前に利用していた人が、被リンクも効果的に集め、TF/CFの良いサイトを作っていたとすると、その力をそのまま引き継げます。
ゼロから作るよりは被リンク等はじめからたくさんついているので、SEOのの面においても有利です。

検索順位の安定~アクセスの稼ぎやすさ

すでに使用されていたドメインなわけですから、検索順位にすでに評価されています。
さらに、新規ドメインだと誰も存在は知りませんが、中古ドメインの場合は被リンク経由でたどってきてくれる事もあるので、アクセス数も見込めます。
被リンクも新規ドメインだと当然ゼロですが、中古ドメインは過去のリンクが付いたままです。

中古ドメインのデメリット

新品ではないので、やはりデメリットはあります。

名前の変更ができない

例えば、購入したドメインが www.abc.com だったとしましょう。
すると利用する際にもサブドメインのwwwは付けないといけません。
wwwがあるのとないのは別ドメインという扱いになるので、wwwを勝手に外してしまってはせっかくのドメインパワーを継承できません。
購入時のドメイン名は一切変更できません。

個人調査~購入の場合スパム感染の可能性もある

中古ドメインを2つ買ったのですが、1つ引っかかりました。。。。。
サーチコンソールに登録すると以下のような画面になります。
購入する前には、aguse等で最低限のチェックは行いましたが、それでもアウトの場合もあります。
これはしょうがないので、グーグル様に再申請をだします。
その時に、「買ったばかりのドメインでスパム表示でました。サーバーには何もおいていません。」的な文言を書いて提出します。
今は結果待ちです^^;
運が悪ければスパムドメインにあたってしまいます

グーグル様に申請中です
中古なので、新規よりはリスクはあります。
どんな人が使ってたかわからないわけですからね。

中古ドメインは理由は目的を明確にすれば大変素晴らしい買い物

自社のコーポレートサイトなどは、独自ドメインで作ったほうが良いと思いますが、
何かの販売サイトやサテライトサイトなどを構築する際には、中古ドメインの恩恵に授かれると思います。

メリットだけではありませんが、早くアクセスを稼ぎたいサイトや結果がほしいアフィリエイト系のサイトなどにはぴったりではないでしょうか。
このブログも広告は審査終わったら載せていこうと思うので、稼げる勉強ブログとして運営できればと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA