社会人日記~第六章~|Web業界の天国と地獄は知っておいたほうが良いと思う

社会人日記

旅行会社からの転職ではじめての専門職に入りました。
専門用語が飛び交う会社。
何話してるのかよくわからず、こっそりググりながら「こういう意味なんだ」ということもたくさんありました。
Webクリエーター(デザイナー、エンジニア)といえば
かっこいいというイメージがあるかもしれません。

これからその道に進む人もたくさんいると思います。
そのためにも、この世界には、光と闇があることを知ってほしいと思います。

共通:Web系の制作会社に対して思うこと

すべてがそうとは言えませんが、
やはり、給料の面では少し少ないのかなという気がしました。
ボーナスとか出るところも、あまりなく出たら珍しい会社だなぁと思います。
まとめてみると

・給料が少し低い
・残業が多そう
・体を壊しそう
・有給など使えなさそう

おそらくこんなイメージを持っている人が多いのではないかと思います。
実際に自分が働いた会社のことを参考までにまとめていこうと思います。
天国も地獄も経験しましたw

制作会社(専門職)は天国と地獄が極端である

旅行会社から初めての完全なる専門職に入ることができました。
Webクリエーターとして、キャリアアップを目指して数回転職もしました。

そんな中で思ったこと。
自分はWebの専門職しかわかりませんが、
天国(ホワイト)と地獄(ブラック)が非常に極端な世界であるということを痛感しました。

天国(ホワイト)な会社とはどんな会社か

働いた会社の中で、【従業員第一主義】をもっとにー掲げる会社がありました。

・良い椅子や良い机、良いPCを与えてもらい、社員旅行や休みもしっかりある。
・たまに忙しくて遅くなっても休みをくれたり、メリハリがしっかりしている
・上司と部下の間に壁がなく、アットホームな雰囲気で仕事ができる。

そんな会社との出会いがあり、そこで師匠と心の中で呼ばせてもらえる人と出会いました。
頭の中の整理整頓の仕方、自分の弱点、それを直すためにこんな考え方をもちなと指導というよりは、教えてもらえました。

・悩んだときは、頭をリセットするのに、それをやめる。
・悩んだときは、それを逆に考えたり、伸ばしたり縮めたり、大きくしたり、小さくしたり

その人から習った考え方は今でもずっと忘れずに心と頭の中で生きています。
育児にもとても役に立つ教えでした。

その会社で数年お世話になった頃。
人数もどんどん増え、日々の作業もルーチン化してきました。
そこで、人間という生き物は欲を求める生き物です。

もっと、少数精鋭のところで力をつけたい。
そんな欲が芽生えてくるようになりました。

今思えば、それが半分成功半分失敗でした。

地獄(ブラック)な会社との出会い

その後、少数精鋭で働いている会社に出会いました。
今回は自ら望んで退職したので、
無職の期間等もなく、スムーズに働き始めました。

ところが、そこが【お客様第一主義】100%の会社でした。
その意味をすぐに理解しました。

・休みの日でもChatWorkに連絡が来る
・不動産系の会社は年末年始もやっているので、大晦日も作業する
・そのため、年越しを一人で家で迎えるなんてことも

おなじ【お客様第一主義】でも良いところは良いと思います。
ただ、そこはまさにブラックと呼ぶにふさわしい会社でした。

提示も19時ですが、帰れる空気ではなく、定時から仕事が始まる的な。
電車がなくなってもタクシー代も出ることなく。

まさに地獄でした。
スタッフには一切お金をかけず、
しょぼいパソコンに、安いOAチェア、会議室にありそうな折りたたみの長テーブル。

こんな環境でクリエイティブな仕事をしてというのが無理じゃないかなと思うような環境でした。
流石にそこは1年でリタイアしました。

体と家庭を壊すと思ったからです。

BtoCとの出会い

思ったことは、BtoBがメインすぎると疲れる・・・ということです。
企業に対して何かを発信するということは、
常にこちらが下から話す形にあり、企業の都合に合わせることも多々あります。

その後はちょっとワープして、BtoCの会社と出会いました。
ワープの部分の話は、過去日記に書いていますので探してみてくださいw

ある意味BtoBでもありBtoCでもあるのかなと思いますが、
Webを使った、販売を行っている会社です。
(まだすべての概要を理解してませんw)

まず一番びっくりしたのが、
定時になると我先にと言わんばかりの勢いでみんな帰っていくということです。
驚きと感激でしたねw
Web系の会社で、定時にタイムカードを切るために並ぶって初めてです。

すごく自分の時間が持てるようになったので、
夜に子供の勉強を見てあげたり、一緒に遊んであげたり、
自由な時間が増えました。自分の勉強時間も増えました。

家族でご飯食べることもできるようになり、
奥さんも非常に喜んでくれています。

社内制度も非常に素敵で、
従業員のための職場づくりというのをすごく感じています。

・キレイなオフィス
・素敵な机
・素敵な椅子
・モンスターPC(すごい性能のPCってことですw)
・休みも柔軟
・出退勤もデータ管理されており、残業をごまかさない
・有給等も取りやすい環境
・お菓子たくさんあるw

まさに制作環境としてはふさわしすぎますね。

まとめ:専門職は天国と地獄が極端である

最初にも書きましたが、専門職と入っても自分はWeb系のことしか知りません。
Webに関して言うと天国と地獄が非常に極端であると感じました。

天国にであえれば感激ですし、
地獄なら最悪ですし。

今だから思うことですが、地獄の環境にいたからこそ身についたこともたくさんあるので、悪いことばかりではありません。
地獄だからすぐやめるというのは間違いです。
最終的にやめるのは良いと思いますが、吸収するべきことは吸収しましょう

ただ、自分がなんのために仕事をしているのか。
最終的にどうなりたいのか。

「あなたは笑顔で毎日働いていますか?」

この質問にYesと言えないなら、
あなたの理想と何かが違っているのかもしれません。

社会人日記の過去はこちら
https://37web.site/work/post-2264

https://37web.site/work/post-2261

https://37web.site/work/post-2258

https://37web.site/work/post-2254

https://37web.site/work/post-2250

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA