メルカリとリサイクルショップを比較してみた

メルカリとリサイクルショップを比較してみた

日記でも書いてますが、
不用品が出てくるといくつか選択肢が出てきます。

1.処分(ゴミとして捨てる)
2.ネット販売
3.リサイクルショップに販売

があると思いますが、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

処分(ゴミとして捨てる)

これは一番簡単といえば簡単ですよね。
少し大型の家電であっても、
金属商品なら市で無料回収しているところもあるので、
そこに捨てるだけ。

ちなみに札幌市では【じゅんかんコンビニ マテック】というのがあり
捨てたゴミの重さに応じてポイントが入り、
一定ポイント貯まるとクオカードかイオンカードがもらえます。

メリット

家にものが残らない。簡単

デメリット

お金にならない。
そして、市の回収場所へ自分で運ばないといけないので、
本当に大きなモノとかは有料で大型ゴミになってしまう。
(市の回収はテレビ・冷蔵庫・洗濯機の三大家電はだいたいNG)
家の近所にあるなら良いけど、離れてるとちょっと面倒ですよね。

ネット販売

これは自分も行っているメルカリやヤフオクがそうですね。
ネット販売です。
ツボにはまればあっというまに高値で落札されたりします。
意外なものがすごく高く購入してもらえたりします。

リサイクルショップより10倍以上高値で売れることも珍しくありません。

メリット

高値で売れる。お店に出すよりは直接取引になるので、
値段が高くなる可能性が非常に高い。

デメリット

出品するにあたり、写真を撮ったり、
文章を作ったり、場合によってはレイアウトを作ったりと
多少のPCスキルは必要になる。

また、ブランド品の場合、個人間同士なのでトラブルを招く可能性がある。

リサイクルショップに販売

お店に販売します。自分はネットで売れなかったものはさっさとリサイクルショップで売ります。
結論から言うと、あまり高くは売れません。
メルカリよりも高くなることは、殆どないと思います。

でも、ネット販売で売れない商品や
埋もれてしまってどうしても売れない商品を
いつまでも抱えていてもしょうがないので、
そのようなときは売ってしまいます。

メリット

その場で査定してもらって金額がすぐに貰える。
プロの目で見てもらえるので、ブランド品のトラブルがない。
(もしコピー品ならその場で返されるので)
大量に持ち込めるので、多くの商品を一気に売りさばける。
あと、売れなかった商品はその場で引き取ってもらえる(店による)ので、
在庫を持って帰らな書くて良いというのも嬉しいですね。

デメリット

お店により価格帯に開きが結構ある。
(安いお店と高いお店に違いが結構ある)
自分の家の徒歩圏内で行けるところはすごく安い金額なのですが、
少し離れたところに行くと結構良い値段になります。
(お店の名前は書きませんw)

ネット販売に比べて価格はどうしても安くなってしまう。
お店に自分で行かないとダメなので、ひと手間かかる。

3つの方法について

ゴミにするも、ネットで売るも、リサイクルショップで売るも、
それぞれメリットとデメリットがあります。

1つに固執しないで、
ダメなら次の方法を考える柔軟な発想でものを売っていけば
回転も早くお金も入ってくるのではないかと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA