SEOに効果のあるブログタイトルの付け方について考えてみた

SEOを意識したブログタイトルについて考えてみた

ブログのタイトル、適当に決めてませんか?
自然検索(オーガニックサーチ)でアクセス数を増やすには、SEOはかかせません。

どんなに素晴らしい内容の記事を書いても、ブログのタイトルが微妙だったら押されずスルーされます。
ブログのタイトルを決めるときには、

読む人のことを考えること・検索エンジンへのSEO対策を意識すること

この2点を意識的に行ってあげると良いと思います。

ブログの記事を書き始める時の準備

さて、今回はなんのブログを書こうかなと考えますよね。

このブログではルクセリタスというWordPressテーマのカスタマイズについて記載する記事もあります。
ルクセリタスのカスタマイズについて記事を書こうと決めました。

では、どんなキーワードを使ってブログのタイトルを決めようか考えます。

ブログタイトルを決める時に利用したサービス

まずは、関連キーワードを調査してみます。
使いのは以下のサイト

関連キーワード取得ツール

です。

このサイトでは、検索キーワードを入力するとどのようなキーワードが利用されているか調査することができます。
このツールで出てくるキーワードはある程度検索されている需要のあるキーワードです。
関連キーワード取得ツール

アクセスされやすいキーワードということですね。
この中から、どのキーワードを使うか考えます。

ブログの内容はルクセリタスのカスタマイズについて書いているので、「ルクセリタス カスタマイズ」。
これがキーワードかなと思います。

もう1回上記のワードで取得ツールを使ってみます。
ルクセリタス カスタマイズで検索してみた結果

すると、以下のような結果になりました。
この中に使いたいワードがあればよいのですが、ちょっと違うかなということもあると思います。

そんなときは、Googleで「ルクセリタス カスタマイズ」と検索して、内容が近いサイトをいくつか探します。
そして、そのサイトで使われているキーワードを取り入れてみます。
「準備、おしゃれ、SEO最適化、簡単」などのワードがあるかと思います。

そこで、書きたい記事の内容に近いワードを3つくらいピックアップします。

ルクセリタス、カスタマイズ、準備

このあたりがキーワードになるかなと思います。

ブログのキーワードを決めたらタイトルを決める

今回決めたキーワードは「ルクセリタス カスタマイズ 準備」なので、この3つのワードを入れたタイトルを考えます。

まず凄くシンプルに考えてみました

”ルクセリタスのカスタマイズを行うための準備”

確かにキーワードは3つとも組み込んでますけど、、、なんか機械的というか温かみがないですよね。
押したくなるかというと・・・・ちょっと微妙かなと思います。

そこでもう少し人間味あふれる言葉に変えてみます。
さらに英語も加えてみましょう

”Luxeritas(ルクセリタス)の誰でもできる簡単カスタマイズ|導入編”

このくらいならどうでしょうか。
ちょっとワード増やしてます。
誰でも簡単にできるというのをアピールしてます。
この検索ワードはルクセリタスのカスタマイズを調べたい人がターゲットです。
そこで、誰でも簡単というワードを盛り込むことによって親しみをもたせてあげます。

誰でもできる → 猿でもできる とかにしても面白いかもしれませんね(お猿さんに申し訳ないですがw)
誰でもできる → 初心者でもできる とかもよいですね

キーワードはできるだけ前に入れるほうがわかりやすい

今回のルクセリタスカスタマイズブログのキーワードですが、狙うワードは前に書いたほうがGoogleもわかりやすいです。

良くないと思われる例
 ”誰でも簡単カスタマイズ!Luxeritas(ルクセリタス)の導入編”

良いと思われる例
 ”Luxeritas(ルクセリタス)の導入~カスタマイズは初心者でも簡単にできた!”

というふうに、見せたいキーワードはできるだけ前に並べたほうが良いです。
しかし、やってはいけないブログタイトルの付け方もあります

スパムチックにGoogleから思われそうなタイトルにしない

タイトルの付け方によってはGoogleからスパムっぽいタイトルという印象を受けてしまいます。

 ”Luxeritas(ルクセリタス)の導入、カスタマイズ、効果、方法をまとめてみた”

関連するキーワードの詰め込み過ぎはあまり良くない印象を与えてしまいます。

当たり前ですが、コンテンツはタイトルに合うように

どれだけ良いタイトルをつけても、中身がずれていては良い評価を得ることはできません。
良質なコンテンツを書くことがSEOには最重要とされています。

入口となるタイトルが大切なのはもちろんですが、中身もタイトルに前kないくらいしっかりかきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA