SEOの評価を下げる低品質コンテンツのペナルティをGoogleから受けた時の対応

ペナルティを受けてしまった場合の対処方法

先日、仕事でGoogleから低品質コンテツのペナルティを受けてしまった。
新しいドメインに移行しても順位が変わらない。どうすればよいかと相談がありました。

ペナルティの対応策として間違えている内容かと思ったので、メモとして残しておきます。

低品質ペナルティの原因を改善しないとドメインを変えても結果は同じ

まず、その人に伝えたことは


あなたのサイトはドメインに対してGoogleからペナルティを受けたわけじゃない。
ページ内のコンテンツが悪いというペナルティを受けた。
ドメインを変えるというのは指摘されていることと異なる対応です。
まずは指摘されてることだけを改善しましょう。

と。

中古ドメインを購入して載せ替えてもだめと言っていたのですが、当然です。
内容がダメと言われているので、外側を良くしたってハッキリって意味ないです。

ペーパードライバーが軽自動車からスポーツカーに乗り換えても持て余します。
スーパードライバーが軽自動車からスポーツカーに乗ることで初めて性能を100%引き出します。

ドライバーを変えなさいと言われているのに、車を変えても意味がないのです。

まずは低品質コンテツの意味をおさらいしてみましょう。

低品質コンテンツのペナルティを受けるとどうなるの?

Googleから言われているのは、

・コンテンツの評価が下がる
・Google検索順位が下がる
・検索結果に出てこなくなる場合もある

と言われています。インデックスから消されることもあるようなので、恐ろしいですね。。

このペナルティを改善するためには独自性という価値をサイトに与えることが最も大切です。

サイトの独自性とはどんなこと?

逆に考えてみましょう。独自性のないサイトとはどんなサイトなのか?

・他サイトのコンテンツの引用が多い
・同じサイト内に存在するコンテンツがほぼ同じ
・コンテンツページに独自の情報が非常に少ない

こんな感じでしょうか。
これに該当してしまえば低品質コンテンツとしてのペナルティを受ける可能性が出てきます。

アフィリエイトを行っているサイトなどでよくあると思います。
1つの商品を紹介するのに、他のサイトから良いところだけうまく引用してページを作る。

ただ、それだと落とされる可能性があるということです。
自分だけのオリジナルコンテンツ、自分だから書けるコンテンツを加えることによって、このサイトは独自性があり価値があるという評価をGoogleから受けることができます。

例えば、ヤフーショッピングや楽天・アマゾンなどのショッピングサイトで購入する時にレビューがあれば見ますよね?
それは購入したユーザーの「独自の体験談。買った人だからこそ書ける生の声」が読めるから見ちゃうわけです。

商品レビュー = 個性 = 独自性

ということです。
独自性が無いサイトはその他大勢のサイトの中に埋もれてしまってGoogleからも消えてしまうし、アフィリエイトサイトなら売上も伸びなくなります。
見られないから売れないのは当然の法則です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA