Google Search Consoleで手動ペナルティを受けた時の対応方法|対応編

MOZでスパムレベルが高いリンクが外れました

先日以下の日記を書きました。
Search Consoleで手動ペナルティを受けた

要約すると、中古ドメインを新規購入しましたが最初から手動ペナルティがついていた。
ページ全体に影響するスパムとのこと。
これを解消するというのが目的です。

そのため、前回はMOZのツールを使ってスパムスコアの高かったサイトを否認申請しました。
その続きです。

否認申請が無事にSearch Consoleで通りました

リンクの否認申請は1週間ほどかかるようです。
ただ、サイトによりけりなのであくまでも目安です。
もっと早く終わるかもしれないし、逆にもっと遅くなるかもしれません。
MOZでスパムレベルが高いリンクが外れました

ちなみに、他にも中古ドメイン買ったのでですがそちらはまだ終わってません。
毎日MOZをチェックしていこうと思います。

Search Consoleに再審査を出す

無事にスパムスコアの高い被リンクは取れたので、再審査を出しました。
この時に意識して書いたことがあります。

・日付
・何をしたのか具体的に書く

ということです。

Search Consoleへの再リクエストは内容を具体的に書く

ダメだと思う例
”被リンクを外しましたので、再審査をお願いします”

前に書いたときは上のような感じでした。
ただ、色々なサイトをチェックしてみると具体的に書いたほうが良いとの記事もありましたので、今回はもう少し具体的に書きました。

”2月5日にMOZでスパムスコアの高かった22サイトの否認申請を出しました。本日確認すると否認申請が通っているようです。
改めて再審査をお願いします”

と書きました。
【日付】でいつ対応を行ったかしっかり報告しました。
【何をしたのか】で具体的にどのような調査を行って、それに対してどのような対策を施したのかを具体的に書きました。

まとめ

Search Consoleで手動ペナルティを食らってしまった場合は、まず調べる。
何もしてませんよとか逆ギレみたいな申請をしても100%落とされます。

まず、何が原因なのかテキストを読んで、自分で調べて対策を行う。
そして、行った対策の具体的な日付と内容をしっかり記録してそれをGoogleに報告しましょう。
これでペナルティ外れてくれることを願うのみです。

っていうか、これで外れなかったらどうしようという感じでもありますが^^;

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PR
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA