楽天GOLDでiframeを使ってAnalyticsの計測をする

楽天ショップを運営していると、RMSの中でアクセス解析することが当然多いと思いますが、Analyticsでアクセス解析できたらなぁなんて考えたことの1度や2度や3度ありますよね。

普通にGoogleAnalyticsのトラッキングコードをheader.htmlに入れると、計測されるのはheader.htmlの表示についてなので、どのページが見られているのか計測できません。

ところがAnalyticsのコードを以下のように変えると、分析することが出来ます。

<script type="text/javascript">
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');
 
  ga('create', 'UA-11111111-1', 'auto');
  ga('send', 'pageview', document.referrer);  //この document.referrer を追加する!
 
</script>

この最後の1行です。

ga(‘send’)を追加することによって、楽天ショップでAnalyticsによる解析を行うことが可能になります。

ただ、全部はわかりません。

【参照元】【キーワード】は取得できてない様子。。。。残念。

なら、意味なくねって思うかもしれませんが、PVやセッションはちゃんと取れているので、十分使用する価値はあると思います。

その他の細かい部分はRMSの解析を見て下さい。

ということで、楽天GOLDにAnalyticsを設置する小技のご紹介でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で