37web

ブログは「タイトルが9割!」稼ぐブログを目指すイクメンパパが書く雑記

【Mac軽量化】MacOS highsierra(ハイシエラ)をクリーンインストールしよう

年末の断捨離(大掃除)というわけではないですが、使用しているMacBookAirのOSクリーンインストールを購入後初めて行いました。
3年位たってますかね。

特にこの1年は仕事で毎日持ち運んでいるので、ゴミもたまっただろうなぁと思い大掃除。
以下、簡単な手順を書いていこうと思います。

クリーンインストールを始める前に

まずはバックアップは必須です。
完全にCleanな環境からやり直したい人は良いですが、前の環境にいち早く戻すためには、Time Machineを使ってバックアップはとっておきます。

大まかな手順としてはこのように感じです。

1.Time Machineを使って現在の環境をバックアップ
2.MacOSを再インストール
3.移行アシスタントを使ってTime Machineの環境から復元
4.環境移行も完了

では早速やってみましょう。

注意としては、4まで終わらせるには4〜5時間は見ておいたほうが良いと思います。
2まででしたらそれほど時間はかかりませんが、環境にもよりますが僕は4時間位かかりました。

Time Machineを使って現在の環境をバックアップ

これについては、特に何も書くことないですね。
外付けHDD等に環境をバックアップしておきます。

MacOSを再インストール

1.Macの電源を落とします。不要な接続機器等は全部外したほうが良いかもしれません。

2.⌘+Rを同時に暫く押して電源ONします。(黒い画面からAppleのロゴが出るまで)

3.MacOSユーティリティ画面が起動します。
そこで「MacOSを再インストール」という項目がありますが、焦らずまずはディスクユーティリティを開いてフォーマットします。

4.APFSでフォーマットします
これで、ファイルシステムが「Apple File System(APFS)」に変更された状態でディスクを初期化(フォーマット)します。
初期化自体は容量や速度によりますが、数分で終わると思います。

5.MacOSを再インストール
先ほどのユーティリティ画面に戻って「macOSを再インストール」を選択してインストールします。
この作業は画面の指示通りやるだけなので、問題ないかと思います。
インストールの途中でこのMacに情報を転送しますかというページがありますが、とりあえずクリーンインストールしたかったで、情報を転送しませんでした。
そして、途中に出てくる「FileVaultディスク暗号化」これは個人的にはあまり使いません。
特にパスワードなしでログインしている人の場合は、チェック外しておかないと、あとで外すことも出来ますが、かなり時間かかります。

すると、無事にhighSierraのクリーンインストールが完了します。
スッキリですね♪

移行アシスタントを使ってTime Machineの環境から復元

最初にTime Machineでバックアップしておいたファイルを「移行アシスタント」を使ってもとに戻します。
これは使用環境により何時間かかるかわかりません。
ただ、10分20分で終わる作業ではないので、時間に余裕のある時にやりましょう。

環境移行も完了

待つこと数時間。ソフトもプリンタとかもそのまま復元できたので、環境が戻りました。
容量を比べてみると自分の場合10GB近く容量が空きました。(この数年で10GBも何に使ってたんだろう。。。)

Macのクリーンインストールからの復元までは初めてやりましたが、1年に1回位やってあげても良いかもしれませんね♪
また来年の年末にやろうと思いますw

GoogleAdsense

-Macのこと