ヤフオクの画像と説明文が丸パクリされたので逆に広告塔になったもらった

ヤフオクで商品を時々出しているのですが、先日大胆すぎる被害にあいました。
なんと、人の使用している画像と説明文を全部丸パクリ。

正確には、ほんの少しだけ文言変えてるだけで全部丸パクリという頭おかしいんじゃないのっていう人がいましたので、対策メモ

スポンサーリンク

丸パクリ出品者と戦ってみることにしました

丸パクリの人は、大胆にも画像も説明文も全部コピー。
でも、日本語の変更が中途半端で矛盾した内容になっているので、いつかクレーム出るだろうなという内容の説明でした。
装飾とかもHTMLソース調べて外したんでしょうけど、そのせいでBOXが左寄せになっていたり、HTMLのスキルもあまりないようです。

(ならやらなければいいのにって思いますが・・・)

おかげで自分のヤフオクの売上に影響が出てきました。
自分よりもちょっとだけ値段も下げて、大量に出すものだから埋もれてしまったんですよね。
自分と同じ画像ですから、パット見全員同じ人に見えちゃいます。

ヤフオク丸パクリ対策その1 | 画像

同類扱いされたくなかったので、気分転換に良いかなと思って画像を作り直しました。
今回は透かしも入れました。
全部の画像に透かしを入れて、もともとパクられている画像には、この画像が盗まれていますって明記してアップしましたw

そうすれば自分の商品を見てくれた人は、
【この画像が盗まれています】
と書いている画像も見てくれると思うので、それを見た人はパクリ出品者からは買わないはず。

まずは画像を変更がパクリ対策その1です。
これで大量に出している人の中に埋もれなくなりました。

ヤフオク丸パクリ対策その2 | 説明文

次に説明文です。
説明文の最初には普通タイトル書きますよね。

でもその部分を以下のように変更しました。
説明文のタイトルに強調してヤフオクパクリの被害を書く

説明文は必ず皆さん読むところだと思うので、この説明を見れば画像もちゃんと全部チェックしてくれて、どの出品者が丸パクリの人かすぐわかるようにしました。
さらに説明文も追記したり、書き方変えたり。

ヤフオク丸パクリ対策その3 | 価格

最後は価格です。自分が出品している商品よりも100円下げて出品してました。
自分が1000円でずっと出していたとしたら900円ということです。
そこで、899円にしましたw

価格を下げ続けて自滅するのは嫌ですが、101円下げるくらいなら良いかなと。
生活かかってるわけじゃないし、趣味でやるくらいだから。

まとめ|丸パクリ出品者を黙らせることができました(今の所)

結果として、売れ行きが下がっていた商品も再び売れるようになりました。

ポイントはコメントとかで文句言っても所詮デジタルの世界ですから、頭おかしい人には何言っても無駄だと思います。
そこで、考え方を逆にします。
その人は、同じ画像をたくさん出品しています。

例えば、黒がいっぱいある中に白が1つだけあったらその白に目が行きませんか?
私見ですが、ヤフオクに関しては同じ画像で大量に出すのは、逆効果だと思っています。

同じカテゴリーに違う画像で1円でも安い商品あったらそっちに目が行くからです。

青い池に水しかなかったら全体を見るかもしれませんが、緑の葉っぱが1枚プカプカ浮かんでたら目は行きますよね。
その法則です。

ということで、コメントで全パクリやめろとか書いても無駄だろうなと思っているので、自分の商品の広告塔になってもらって自分の商品をより目立たせる役目を担ってもらうことにしました。
パクられるという事は、少しは有名になったのかなとか思いますが、多少のコピーは誰でもやるかもしれませんが、ヤフオクで画像も説明も全部コピーは頭おかしいとしか思いませんので、みなさんもご注意ください。
知名度が出るほど気にしないと行けない問題ですw

怒ってもしょうがないので、どうやって利用するか考えましょう♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で