お金がないときに助けてくれるのもお金

仕事の関係で給料が急激に落とされ2ヶ月目。

https://37web.site/work/post-2224
次からは安心ですけどね。

苦しい2ヶ月でした。
家賃と光熱費を足したくらいの金額を、
会社の勝手な理由と都合で下げられて、
まともに生活できるわけがない。。。

スポンサーリンク

お金のピンチを助けてくれるのもお金

お金が危険なときに助けてくれたのもお金です。
https://37web.site/life/post-1756

こちらにも書いていますが、
じぶん銀行の口座を作って毎月40000円ずつ自動積立してました。

たまにしか見ないので、いくらになってるのかも知りません。
たまに見ると、こんなになってる~と思うのが楽しいからですw

主に夏の旅行くらいにしか使ってませんでしたが、
今回はそちらから少しヘルプしてもらいました。

威張れるほどはありませんが、
少しの貯金を少し切り崩してなんとか食費に当てることで、
2ヶ月しのぎました。

望んでない仕事を1年手伝うことになり、
ある日から望んでない仕事の給与体系に勝手に代わり、
大変な生活でした。

この生活をわすれにこれからの1日1日を大切に過ごしていこうと
改めて思ったこの数ヶ月。

何かあったときのためにお金は貯めよう

例えば、急な病気。
入院することになっても、保険の力以外に身を守ってくれるもの。
それが「貯金」です。

ゆとり資金が少しでもあれば、
保険+で生活をすることができます。

人生いつ何があるかわからないので、
貯金というかお金は大切に貯めて、
楽しく使いましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で