37web|仕事以外でお金を貯める貯金ブログ

貯金なしから、お金をコツコツ貯められる方法を紹介する日記。メルカリや仕事のことなども書いてます。

投資信託の基準価額は一時的な波の一つである

最近、ダウや日経平均、投信の基準価額も下がっています。
どこまで下がってしまうのか心配ですよね。

昔も何も知らない頃に投信やってた頃は、
このような減少になったら、解約してホッとしてました。
(※それは間違いだと気づくのは数年後の今の話になるw)

この減少、正直心配する必要はまったくないと思います。

なぜなら
”この下落は相場の波の一つである”
ということを知ったからです。

相場には波があることを知りましょう

投資には波があります。
昔、自分が投信を何も知らずやっていた頃には、
下がったときは不安で不安で毎日チェックして、
これ以上下がったらまずいというところで解約してました。

ただ、解約したらどうなるの?

”損失の確定をさせるだけ”

ですよね。
下落時期に解約なんて勿体無い。

むしろその下落の波に乗って、
今のうちにしっかり種を巻いておくことが大切です。

そうすると波が上を向いてきたときにその種が大きく花を咲かせてくれます。

相場を1年〜3年単位で見てください。
上昇・下落を繰り返しながら、
徐々に右肩上がりに成ってませんか?

それが流れなのです。
眼の前のことだけ見てないで、広い視野で見ましょう。

そうすれば解約するべきなのか、
見守るべきなのか判断できると思います。

下落のときこそ買いのチャンスです。
ただ、焦って買いまくるのもさらなる下落のときのダメージを増やすだけなのでおすすめしません。

毎月決めた金額をしっかりと積み立てていくこと。
流れが下がったからと言って、焦って解約とかしないこと。

それば投信を長く続けるコツかなと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

↓ポチッと押してくれると嬉しいです↓

  • にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ


PVアクセスランキング にほんブログ村

GoogleAdsense

-お金のこと, 生活のこと