You Tubeの広告を消す簡単な方法

ユーチューブを見ていると、
5秒間とか、長いのだと30秒近くの広告が出るときがあります。

それを消す簡単な方法を書いてみようと主ます。

スポンサーリンク

ChromeのプラグインAdblock Plusを使うと一発で消せます

このプラグインは早い話が広告を消してくれる拡張機能です。
色々なサイトを見ていると、
四角い広告や縦に長い広告バナーありますよね。

あれを全部隠してくれます。

早速入れてみましょう。

まずは、こちらのURLにアクセスして拡張機能を入れてください。

それだけです。
すると以下のように、赤いABPというボタンが出てくると思います。

赤くなっているときは、ブロックされている証。
グレーになっているときは広告ブロックがされていない状態です。

さて、そこで思うことが。
すべての広告をブロックしてしまうと困るなぁ。

と思いますよね。
Amazonや楽天の履歴とかたまに押したくなるときもありますよね。

通常仕様だと、 許可したいURL を開いたときにON/OFFを切り替えることができます。

でも、逆ができないんですよね。
つまり、通常のサイトでは広告出ても良いからYouTubeのサイトだけ広告を消したい。

【このサイトは広告許可】
はできるけど、大変。
【このサイトだけは広告NG】
これができれば、最高。

ちょっとプログラムします。

詳細設定に広告NGのサイトURLだけの記述をする

Adblock Plusの設定画面を開きます。
すると以下のような画面になります。

細かい設定は全部無視して、
【詳細設定】を開きます。

そして、開いたらマイフィルターリストという項目に

@@*$document,domain=~youtube.com

このように入力します。

これは、youtube.comを含むアドレスだけ広告を無効にしなさい。
逆に言うとyoutube以外のページは本来の状態(広告あり)でOKという意味です。

ちょっと調べて記述しないとだめなところが難点ですが、
一度書いてしまえば、もう何もしなくてOKです。
この記述を真似して他の広告を出したくないページも加えることができます。

動作がサイトの広告が邪魔だなぁと思っている人はぜひ一度試してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で