37web

仕事をしながら、セドリとメルカリを使ってコツコツ稼ぐ日記

OCN光からBiglobe光への変更|光コラボから光コラボへ

先日、無事にau携帯へのMNPを終えて、
快適な携帯生活を過ごしております。

ネットも1GB超えそうにないので、機種代無料の最安値でiPhone8を使えています。

さて、まだ途中ですが、
現在契約しているOCN光からBiglobe光への変更。
光コラボから光コラボへの変更を書いてみます。

転用は1回しかできないが光コラボの乗り換えは簡単

今までフレッツ光でOCNを使っていて、
安くなるからということで、OCN光へ【転用】しました。

転用は1回しかできません。
そのため、自分もよくわかってなかったのですが、
光コラボ(OCN光)から光コラボ(Biglobe光)へは変更ができない、またはすごい金額がかかると思ってました。

でも、手続きしてみると意外と簡単でした。

新しい光コラボは新規申し込みになる

まず、新しく契約する光コラボ(我が家でいうBiglobe光)は新規申し込みになります。

そのため、よく代理店の申し込みサイトにある

このようなキャンペーンも新規申し込み扱いになります。

ただ、1つだけ面倒な手続きがあります。それは・・・・

ひかり電話をアナログ電話に戻さないといけない

アナログ戻しというらしいですが、
光コラボを乗り換える際に、今のひかり電話を一旦アナログ回線に戻さないといけません。

そのため116でNTTに電話して、
「光コラボを乗り換えたいからアナログ戻ししてください」
と、伝えないといけません。

そしたら、工事日が決まります。
立ち会いが必要and環境によりますが2000〜10000円ほど工事費がかかるそうです。
その工事費は、次回の電話代引き落とし時にまとめて落ちるそうなので、
その場で支払う必要はないそうです。

そのアナログ戻しの工事が終わったら初めてBiglobeの工事が入ります。

アナログ戻しの工事はだいたい1〜2週間程の待ち時間が有るので、早めに連絡したほうが良いです。

アナログ戻しが終わればあとは楽

アナログ戻しの立ち会いが終わればあとは、機材が届くのを待ってセットアップして終わりです。

キャンペーンを利用するか、店頭で申し込むか

自分もBiglobeを申し込む際に、
代理店のキャンペーンを利用しようか迷ったのですが、au携帯とまとめてヤマダ電機で済ませました。

金額のキャンペーンはなかったですが、
無線LANのルーターカードを無料でくれるとのことだったので、
そっちにしました。

家の無線LANルーターは300Mbpsなので、ネットが早くても無線で落ちてしまうので、
高速無線ルーターは10000〜するので、もらうことにしました。

まとめ|光コラボから光コラボへの申込手順

手順を間違えると、ネット使えない期間が長期で発生する可能性があるので、
間違えないように気をつけます。

【我が家の例】
1.Biglobe光の申込み
2.NTTにアナログ回線戻しの連絡をして工事日の確定
3.工事日が決まったらBiglobeへ連絡 ← 今ココ

4.工事日まで特にやることなし
5.アナログ戻しの工事が行われる
6.Biglobeが開通
7.設定確認
8.OCNの解約申請

の順番で行います。
月をまたいでしまって現在のプロバイダの料金がかかってしまうのが嫌で
先に解約しないともったいないと思う方もいると思います。

なので、できるだけ月末に申し込んで月初から作業を手際良く進めるのが良いと思います。
光コラボから光コラボへの変更はなんだかんだで1ヶ月近くはかかると思っていたほうが良さそうです。
(※アナログ戻しの工事日が早ければ早くなるので、そこ次第ですね。。)

↓ポチッと押してくれると嬉しいです↓

  • にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
  • にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ

GoogleAdsense

-生活のこと