幼児教育無償化が2019年10月から始まることについての私見

全面実施は2020年4月目標のようですが、
2019年10月から幼児教育の無償化が始まりますね。

うちの子供はギリギリで無償化に引っかかりませんw
来月年長になるので^^;

スポンサーリンク

どんな家庭が対象になるの?

幼児教育無償化の対象は「入学前の0歳~5歳児」です。

まずは段階的に無償化

幼児教育無償化を行うに当たり、まずは段階的に行われていきます。
・ひとり親
・子供が多い多子世帯
・年収がある一定基準より低い世帯

上記などに該当する家庭から、全面無償、あるいは半額の対象となるようです。
それが2020年には全面無償化になるということですね。

◆3〜5歳児がいる世帯
3歳から5歳児のいる世帯は、全世帯が対象になります。
認可施設と幼稚園は基本的に無償。延長保育とかそういうのは別・・なのかな?

◆0〜2歳児がいる世帯
0歳児から2歳児がいる場合、住民税非課税世帯のみが対象となります。
対象世帯は認可保育所や認定こども園などの認可施設が無償化。
認可外は、助成金の支給対象ということで無償ではないようです。。

幼児向消化には課題もある

言葉だけ聞いたら素晴らしい制度に感じますが、いくつか課題も出てくると思います。

保育園や幼稚園の質、働くひとの待遇

幼児教育無償化にあたって子どもを預けて働きたい方が増えると、子どもの人数が増えます。
その分教育の質が下がるのではないかと友いわれているようです。

それに比例して保育士の待遇、評価制度を設ける、など現場で働くひとの待遇も良くしてあげないと子供が増えて何も変わらないのでは働くひとが減りますよね。

まとめ

児童の教育無償化は子持ち世代にはとても嬉しいです。
実際幼稚園って結構お金かかるし・・・。

でも、現場で働く人のことをまず考えていかないと子供は増えるけど働くひとが減るという負のスパイラルが起こると思います。

すっごく個人的には、モンスターなんちゃらみたいなモラルの低い人とかも来るようなブランド価値が下がる環境にはなってほしくはないですけどね。
自分の子供が通っている幼稚園は親も子も礼儀正しい、子供への教育が行き届いた園だと思っています。(他は知らないが)
そのブランド価値が崩れるようなことにはなってほしくないなぁと願います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で