ペイジーを使ったWeb支払いを初めてやりました

2018年に携帯をauに変えたタイミングで家のネットもBiglobe光に変えました。
そのタイミングで光コラボから光コラボへの転用になるので、
電話回線をアナログに戻しました。

その時の支払いはネットで勝手に落ちると思ってました。
しかし、先日催促のはがきがw

アナログ回線分の作業費はペイジーで払わないといけないようです。
ペイジーって何?ってところからでしたが、
やってみると非常に簡単でしたのでメモ

スポンサーリンク

ペイジーって何?

自分はペイパルと混ざってました。


ペイジーとは、金融機関のインターネットバンキングやモバイルバンキング、ATMで使えます。
いつも安心して利用している金融機関が提供しているサービスです。

と、サイトには書かれています。
いまいちピンとこなかったのですが、使ってみてわかったのが


ペイジー対応の銀行であれば、はがきに書いてる番号を入力するだけで支払いが完了しますよ。
とっても簡単だよ。

という内容でした。
ネット銀行を2つ試したのですが、
楽天銀行は対応してましたが、じぶん銀行は対応してませんでした。

ペイジーの使い方(楽天銀行編)

どこの銀行でも一緒だと思いますが、楽天銀行を例にして書いてみます。
まずは、ペイジーが使える金融機関を調べます。

支払いを希望する銀行名を入力して検索します。
銀行名が出てくれば対応。出てこなければ非対応ということになります。
ペイジーが使える金融機関を調べる

銀行名は部分一致検索で良いので、楽天銀行なら楽天、三菱東京UFJ銀行なら三菱とかでOKです。
ペイジーが使える金融機関を調べる

対応銀行名をクリックすると銀行の画面に飛びます。
ここからは通常操作と同じです。
楽天銀行を使ってペイジーで支払いを行う

ペイジーで支払うというボタンをクリックして、請求書(はがき)に書いている番号を入力するだけ。
その場で支払が完了します。
ATMやコンビニに行かなくても簡単に払えるのは便利ですね。

ペイジーという支払い方法を初めて知りました

良い経験になりましたね。
今は本当にいろいろな支払い方法があるので、銀行やATM行かなくても簡単に支払いができますね。
確定申告分や予期せぬNTT分など支払いがちょっと増えて痛い出費ですが、、、、。

パパ頑張って働きます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で