確定申告を久しぶりに自分でやりました

実は昨年の年末調整が間に合いませんでした。
以前ブログで書いたように転職関係のバタバタで、書いてる時間がなかった。
時間がなかったというより、それどころじゃなくて忘れてた・・。

ということで、急ぎ源泉徴収票をもらって確定申告を昨日やりました。

スポンサーリンク

自分で行う確定申告は簡単

実際にやってみると、ものすごく簡単でしたね。
フリーランスの人などは経費などあるから
大変だと思います。

ただ、普通のサラリーマンが行うのはとっても簡単。
むしろ年末調整の紙に生命保険とか細かいの書くよりよっぽど楽でした。

こんなに楽なら毎年やっても良いなと思いましたw

国税庁 確定申告書等作成コーナー

こちらのホームページから行えます。
正直何も迷う部分はなかったですね。

源泉徴収票と保険等のはがきを見ながら入力するだけ。
なんにも難しくないです。

確定申告って難しそうって思う方もいると思いますが、
経験だと思うので、ぜひ1度やってみるといかがでしょうか。

細かい字をたくさん書くよりもこんなに簡単なの?って思います。
年末調整の紙を書いてて思うのですが、保険とかの各幅をもう少し広くしてほしいです。
ほんといっつも思います。

そして、今ってマイナンバーも必要なんですね。

年末調整を忘れた場合は自分で確定申告をやらないといけない

会社で年末調整をやった場合は良いかもしれませんが、
中にはやってくれない会社もあるようです(そんな会社あるんだ?と思いますが)。

会社がやってくれない、もしくは期限までに提出が間に合わなかった。
そのような場合は自分で源泉徴収を見ながら確定申告を行いましょう。

源泉徴収票は12月の給与と一緒に入っているか、
もしなかったら自分で会社に言ってもらいます。

控えは必ず残します

源泉徴収票は原本を提出します。
保険のはがきや源泉徴収票は必ずコピーを残しておきましょう。

いつどこで必要になるのかわかりません。必ず控えを残しておくようにしましょう。
もしなにか必要な事態になった時に、やっぱり返してと言っても当然戻ってきません。

なので、原本を提出する書類はかならずコピーを残します。
じぶんもかこにやらかしたことあるので、それ以来コピーは絶対に取るようにしています。

まとめ

個人で確定申告を行うと、戻ってくる金額が多少増える(らしい)ようです。
お金の勉強のためにも年に1回だし、やってみるのも良いかと思います。

年末調整を忘れた
会社で自分で確定申告したい人はご自由に

など、自分で確定申告やれそうなチャンスがあればやってみるのも良いかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で