37web

Webの知識やMac・iPhoneなどApple製品の便利なアプリなどを紹介

WordPressの表示を今以上に高速化させるための最適化ポイントはコレだ

2017/02/22

WordPressを使っていると、どうしてもサイト自体が重たくなります。

このブログもGoogleスピードテストでスマートフォンだけがなかなか60点台にのりません。
PCは76点。せめて80点まで行きたいですね。

そこで、WordPressを使ったブログサイトにぜひ導入して欲しいプラグインをご紹介します。

ホームページの表示を最適化・高速化

まず、一番効果の合ったプラグイン。

Head Cleaner

これは効果ありました。ヘッダーに入っているCSSなどをフッターに移動させることによりHTMLの読み込みを優先してくれるというものです。さらに日本語ん対応になっているのでわかりやすい。

度の項目をオンにしたりオフにしたりスレばよいのか表示にわかりやすいです。

EWWW Image Optimizer

これもお世話になっております。このプラグインは導入するだけで、アップロードする画像を自動的に圧縮してくれる。
さらにすでにアップしてしまった画像もまとめて圧縮できるので、すでに、大量の画像をアップしているサーバーにもおすすめです。

Unveil Laze Load

画像に関しての読み込みプラグインで、タイミングを最適化することで表示速度を向上させることも可能です。
表示したと同時にすべての画像を読むのではなく、実際に見えている所の画像のみを読み込み、見えていない箇所の画像の読み込みは行わないため、画像が多くても気になりません。

プラグインを入れてサイトを高速化するメリット

SEOという目で見た時にやはり表示速度が早いサイトは好評化になります。
他には、単純に第三者目線になった時に、サイトが軽いサイトと重たいサイトどっちを見ますか?
と聞かれるとおそらくは軽いサイトから見るというではないでしょうか。

画面にすぐにぱっと表示される方がユーザビリティが良いですし、特にECサイトなどでは表示が0.1秒遅くなるとサイトの売UPが1%落ちると言われています。

他にも便利プラグインはまだまだ有りますので、自分もいろいろ使いながらグーグルのスピードテストで80点を超えるくらいになれたらプラグインの使い方含めてご紹介しようと思います。

-WordPress