37web

Webの知識やMac・iPhoneなどApple製品の便利なアプリなどを紹介

Fetch as Google を使ってGoogle へサイトの再クロールを依頼

Fetch as Googleはサーチコンソールの機能の1つ。
・ページを更新した、新規ページが増えたなどのタイミングで再クロールを依頼する
・エラーチェック(レンダリング機能)

などの役割があります。

ページを更新したタイミングで使うとどうなるの?

Webページを更新、新規追加したタイミングでFetch as Googleを使うと、簡単に言うとそのページがGoogleの検索エンジンにのります。

初回のFetch as Googleを設定したときには割とすぐに結果が反映されて、検索エンジンから検索すると表示させることが出来ます。

ただ、ページを更新した場合(TitleとかMeta系のタグ)の場合は反映まで時間がかかります。
変更の内容に依存するようのですが、headの中に書くようなタグの場合でしたら2日前後を見ると良いらしいです。
正確な日数はわかりません。

レンダリング機能って?

3DCGなどやったことある人は、よく効く言葉だと思います。レンダリングとは、HTML・CSS・JavaScriptや画像などで作られた、HPを画面に表示することです。
Fetch as Google を使うと検索エンジンロボットから見たサイト表示のシミュレーションができます。

まずはコレをやってみよう

まずはサイトを新規に作ったら(大きな更新をかけたら)、Fetch as Googleを行ってみましょう。
そうすればすぐにではないですが、検索エンジンに優先的にお願いします〜〜とアピールしているような感じなので、掲載内容が反映されるまでの時間が早いのではないかと思います。

-HTML, Webマーケティング, Web制作