37web

Webの知識やMac・iPhoneなどApple製品の便利なアプリなどを紹介

MacOSのユーティリティアプリOnyxがsierraに対応した

2017/02/22

MacOSのsierraも色々触っていただだいぶ良い環境になってきました。

バグ?と思っていたphotoanalysisdの件も解決したし、あとはマウスのドライバが対応してくれるのを待つだけですかね。

コレばっかりはしょうがないので、早くリリースしてくれることを祈ります。
頼みますよ、ELECOMさん。

メモリの使いすぎを解消しました

さて、sierraに変えてからもう1点だけ気になっていたことがありました。
それはメモリの使用量。

El capitanのころは、起動直後にメモリは50%以下の使用量だったのですが、sierraにアップした後は80%以上のメモリを消費していました。
まぁ、ちゃんと掃除できてなかったってのがあるんでしょうけどね。

そこで登場してくるのがonyxですね。

sierraバージョンが登場していたので、早速ダウンロードして使ってみました。
161002-1

効果抜群!!!!!

起動直後のメモリ使用量が急降下。起動直後に80%近く使っていたメモリが、内部を綺麗に整理整頓できたためか30〜40%くらいに落ち着きました。

Onyxの画面は昔と特に変わってないので、今までのバージョンに使い慣れている人なら特に苦労することなく使えると思います。
基本的には細かい設定はせずクリーニングをかけてあげればそれで良いのかなと。
自分はオートクリーンシかやってませんが、効果絶大でしたよ。

これでマウス以外はやっと快適な環境に戻りました。
やったね。

ソフトウェアも今のところ不具合はないし、これでようやく快適な環境になったかなぁと思います。

-Macのこと