37web

Webの知識やMac・iPhoneなどApple製品の便利なアプリなどを紹介

過充電防止。Macbook AirでMagSafeを絶縁してバッテリーを使わないでACアダプターだけ使う方法

2017/02/20

MacbookAirを使っています。

ノートの宿命かもしれませんが、やはり気になるのがMagSafeの繋ぎっぱなしによるバッテリーの劣化。

MagSafeを繋ぎっぱなしなんだけど、バッテリーを使わない。そんな方法をご紹介しようと思います。

かと言って頻繁に抜いたりのも面倒くさい。そこで今回はMagSafeの中央端子を絶縁するという工作をしてみました。

MagSafeの中央端子を絶縁してバッテリーを使わないようにする

用意するもの。

・セロテープ

終わりw

もしキャップのようなものを作るのであれば、上記に加えて紙とか必要になりますが、普段は持ち運ぶこともそんなにないので、単純に絶縁するだけならセロテープだけアレばOKです。

MagSafeの中央のピンをセロテープで塞ぎます

MagSafeの中央品がバッテリーを司っている部分になるので、そのピンを塞いでしまえば、バッテリーは使わないでMagSafeを繋ぎっぱなしにすることが出来ます。

mag02

こんな感じでセロテープで真ん中を塞ぎます。隣にかからない程度に少し広めに塞ぎます。

mag01

接続が無事にできると、Macに差し込んでもランプが付きません。

バッテリーの設定項目を見ても

ac

このような設定項目になっていると思います。

つまりバッテリーは使ってないけどアダプタから電源をとっているということです。

セロテープ1枚でできるので、とっても簡単ですね。もちろんAppleの保証外の使い方になるので、自己責任でお願いします。

バッテリーを充電したくなったらセロテープを剥がすだけなので、簡単です。

バッテリーの寿命が気になるけど、いちいち80%前後を維持するようにつけたり外したりスルのが面倒な方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。しつこいですが自己責任でね♪

 

-Macのこと