37web

Webの知識やMac・iPhoneなどApple製品の便利なアプリなどを紹介

マウスが対応していなかったMacOS sierra がやっと予定通りの動きになりました。

2017/02/22

Blogでも数回にわたり記載していますが、sierraについて。
最初インストールしたときには、Macが暴走するし大変だなぁとかElcapitanに戻そうかとか色々悩んでたのですが、つい先日、マウスのドライバも無事にリリースされてやっとちゃんと使えるようになりました。

Sierraになってよかったこと

これは自分だけ?かドウかわかりませんが、finderのタブがちゃんと別タブで開くようになった。
Elcapitan以前はtotalfinderとかユーティリティソフトでなんとかしてたんですが、Elcapitan移行使えなくなり、フォルダがどんどん開くの不便だなぁと思ってたのですが、やっと【フォルダを開いた時に別タブで開く】が、自分の理想通りの動きになったので、良かったと思います。

Sierraになってよくなかったこと(今後に期待なこと)

これは正直、今日の時点ではなくなったかもしれません。
最初は 写真.app の暴走とか、メモリ消費が激しすぎるとか色々ありましたが、

・写真.appの暴走→iCloudのサインアウトからの再サインイン、写真.app読み込みまで我慢
・マウスドライバ未対応→まぁ、これはメーカーさんの問題なのでAppleに罪はない・・かなと
・メモリ消費が激しい→起動した瞬間から80%以上のメモリを専有してました。
これもsierraようのOnyxが出てくれて、内部をキレイにメンテナンスしてあげたらメモリ消費も激減して、今では起動時点で50%以下です。

という感じなので、やっとSierraが使いやすい環境に落ち着いたかなと言う感じです。
sierraになってから搭載されたsiriとかはまだ試してもいませんが、これから色々使い倒していこうかと思います。

仕事ではElcapitanのままですけどねw

次回は久々にWebの記事を書きます。最近使おうかと迷っているAdobeのテキストエディタBrackets。
メインで使っているCodaよりももしかして使いやすいのでは?と思っているので、違いなども含めて記事を書いてみようと思っています。

-Macのこと