37web

Webの知識やMac・iPhoneなどApple製品の便利なアプリなどを紹介

MacOSをSierraにアップデート後にphotoanalysisdが暴走した話し

先日リリースしたばかりのMacOS Sierraさん。
ワクワクでアップデートをやりました。今までのOSアップデートでMacの場合は特に失敗もなかったので、何も気にせずアップしましたが、今回は初めて失敗した〜と思いました。
(アイキャッチに特に深い意味はありませんw)

Sierraにアップデート後に本体が熱をもって熱くなってくる

原因がわからなかったのですが、本体が熱を持ってだんだん熱くなる。特に何もしてないんですけど、勝手に温度が上がって、熱いところを触ったらアチッてなる感じでした。

なんだろうと思っていろいろ調べたら原因が判明。

アクティビティモニタでphotoanalysisdが大暴走。CPUをずっと使い続けてる。
写真を保管している外付けHDDがずっとカリカリ言ってるのでそういうことか〜と納得。

さっそくプロセスを停止。

が!!!再起動したら復活。。。。。。。。。

これは仕方がないなと思いまして、最終手段。iCloudで写真の同期を切りました。
そしたら何度も復活してくるphotoanalysisdも収まり、Macも急激に温度が探しいつもの快適に戻りました。

結論:Sierraへのアップデートはまだやらないほうが良いかも

全員に上記の症状が出るかどうかはわかりませんが、今の段階でやらないほうが良いかもしれません。。。
とりあえず自分の環境では

・photoanalysisdの暴走により写真のicloudを切るしかなかった。
・マウス(Magic Mouseではない)のサイドボタンが使えなくなった(ソフト対応してませんの画面)

って感じです。

ちょっと早まったなぁと思った今日の出来事。家のパソコンで先に試してよかった〜と。会社のは絶対にやりません。

-Macのこと