37web

Webの知識やMac・iPhoneなどApple製品の便利なアプリなどを紹介

お金のたまらなかった自分が、貯められる環境になるまで

最近ドラクエ11の日記ばっかりだったので、ちょっと違う話題を。
お金ってなかなか貯めるの難しいですよね。
そもそもの収入が多くても、たまらない人はたまらない。収入があまり多くなくても貯めれる人は貯めれる。

ウチは共働きではないので、自分の収入だけです。
そこで、お金で喧嘩しないように、ある程度自由にお金を使いながらも貯めれるようになった今の環境を書いてみようと思います。

余ったお金を貯金するのではなく、貯金分を引いて残ったお金が生活費

お金の本を読んだ時に、こんな言葉を見ました。


(この本、大好き。今でも時々読んでます。勉強にもなるし、単純に面白い。)

余った分を貯金する生活だと、どうしても貯金できません。
貯金分を先に引いて残ったお金で生活する。これが正しい貯金方法ですよと。

フリーランスとかで働いてる人は額は決めないほうが良いと書いてました。
収入が多くても少なくても、収入の20%とか決めるのが良いらしいです。

普通の会社勤めの人はそんなに変動することないと思うので、固定で良いと思うますが。

口座の目的を明確にする

銀行口座も極力持たないようにしてたのですが、今は複数の口座を明確な目的の元管理してます。
今は、以下のような口座を持っています。

・メインバンク(給与振込とかカード引き落とし用)
・住信SBI銀行(家賃引き落とし口座。)
・東京三菱UFJ銀行(子供手当振込用。全国使えるので1つ予備として持ってます)
・じぶん銀行(貯金専用)
・楽天銀行(奥さんのお小遣い用)

上記の口座割り振りです。
SBI銀行とじぶん銀行の良いところは自動引き出しが出来るところです。

毎月、給料が入った跡に決まった額をメインバンクから勝手に持っていってくれます。
設定がちょっと手間ですが、一度やってしまえば良い設定なので、家賃と貯金は勝手にやってくれてます。

そして、奥さんはお買い物大好きですw
貯金はしたいけど、買い物も制限するのはなぁというところで、悩んだところ楽天銀行の口座開設を思いつきました。

VISAデビット(JCBデビット)を活用する

買い物好きな奥様から買い物を取り上げるのも嫌だし、カードも毎回使った金額チェックしてるわけじゃないから、月末に「・・・」となることが何度か(も)ありました。
そこで、目をつけたのがデビットのクレジット機能。
ネットで買い物するし、代引きとか銀振りは面倒。やっぱりクレジットが良い。でも使った金額把握できなくて月末に凹むのもヤダ。

整理すると
・クレジットカードは使いたい。→代引き・銀振り面倒
・使った金額をひと目で知りたい。→メインのカードと分ける必要がある
・クレジット使うならメリットが欲しい。→ポイント貯めたい

我が家は結構楽天ポイントを貯めています。
SBI銀行にもVISAデビットあるんですが、せっかくクレジットカードとして使ってもポイントの恩恵が無い。
楽天ポイントを貯めたいというところで、楽天銀行を調べたらJCBデビットがある。(個人的には海外でも使いやすいVISAが良かったんですけどねw)

即効で口座開設。

そして、毎月2万円を楽天銀行にお小遣いとして入れてあげました。
そしてZOZOタウンとか楽天とかAmazonとかにもJCBの楽天デビットクレジットカードの番号を登録して、奥さんの個人的な買い物は全部こっちで。
生活用品は普段のカードでと役割を決めました。

そしたらその場ですぐに2万円の残高が減っていくので、アプリですぐ分かるし、月末に「・・・」ってなることもない。

まだこの方法に落ち着いてから1ヶ月もたってないので、月末の支払いが減ったのを実感するのは来月からになりますが、だいぶ減ると思います。

奥さんとしてもなんとなくとか、大体このくらい使ったというのがなくなって明確に使える金額がきまったので、買い物も思うように楽しめるとのこと。

今回の変更で思ったこと

お金を貯めるためには、なんとなくが一番ダメなのかなと。大体このくらい使ったとか、あんまり使ってないよとか、把握できないのがだめだなと思います。
明確な理由を元に口座を作って目的を持って運用すれば、口座が増えてもお金の管理は簡単です。

あとは、収入増えれば文句なしですねwww
まぁ、把握以上にむずかしいのかもしれませんが。

というお金に関する日記でした。

-ブログ, 生活のこと